3秒ルールの仕事

クラウドソーシングサイトを横断検索してヒットした、3秒ルールの仕事の一覧です。
クラウドソーシングなら、応募から契約、作業、納品、そして報酬の受け取りまで、すべてネット上で仕事を完結することができます。
やってみたい案件が見つかったら、応募してみましょう。

クラウドソーシングとは?

インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を発注する仕事形態です。
リモートでいつでも仕事を行うことのできるメリットがあり、2013年頃から注目を集めるようになりました。
代表的なサイトに 「ランサーズ」「クラウドワークス」 があります。

3秒ルールの解説

3秒ルール (食)

地面に落ちた食べ物でも3秒以内に拾えばまだ食べられる(セーフ)というルール、都市伝説、あるいはギャグのようなもの。 急いで食べ物を拾ってすぐに「3秒ルール!」と言えば大丈夫などされている。 海外・ウェブでは バスケットボールの3秒ルールをもじったものだとされている。日本だけではなく、外国にも「5秒ルール(The Five-Second Rule)」*1や「8秒ルール」などの似たようなものがある。 またモデムなど低速の回線が主流だった時代に言われていた「インターネット上のWebページはユーザがそのURL ...

3秒ルール (スポーツ)

バスケットボールのルールの一つ。 ボールを保持しているチームのプレイヤーがフロントコートのフリースローレーン内に3秒以上いてはいけない(両足とも外に出ないと×)。

対象サイト

ランサーズ
Bizseek
クラウドワークス
シュフティ
Sagoooワークス
Workshift