ワイルドカードの仕事

クラウドソーシングサイトを横断検索してヒットした、ワイルドカードの仕事の一覧です。
クラウドソーシングなら、応募から契約、作業、納品、そして報酬の受け取りまで、すべてネット上で仕事を完結することができます。
やってみたい案件が見つかったら、応募してみましょう。

クラウドソーシングとは?

インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を発注する仕事形態です。
リモートでいつでも仕事を行うことのできるメリットがあり、2013年頃から注目を集めるようになりました。
代表的なサイトに 「ランサーズ」「クラウドワークス」 があります。

ワイルドカードの解説

ワイルドカード (コンピュータ)

WindowsのDOSプロンプトや、Macのターミナル、Linuxのシェルでは、ファイル名の一部などを、記号「*」(任意の複数文字列)や「?」(任意の1文字)を利用して表すことができます。これを、ワイルドカードと呼びます。トランプのジョーカーのように、他の文字をあらわす記号として使えます。 標準的なワイルドカードは以下の通り ?任意の1文字 任意の複数文字列 ※ちなみにSQLで使えるワイルドカードは、「*」でなく「%」 また、Visual Basicの”Like”やExcelマクロ(VBA)などで ...

ワイルドカード (スポーツ)

スポーツにおいて、各組1位を除いた勝率(勝ち点)上位に対してプレーオフなどの出場権が得られるシステム。またはそのチームや選手。 主に米国メジャースポーツにおいてプレーオフ出場権を得られるチームに対して使われる。 MLB ア・リーグ、ナ・リーグそれぞれ1チーム。 NFL NFC、AFCそれぞれ2チーム。 NBA 東西それぞれ5チーム。 国際大会における特別招待チームなどに対して使用する場合もあり。

ワイルドカード (ゲーム)

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が2001年3月29日にワンダースワンカラーで発売したロールプレイングカードゲーム。 フィールドマップなどは存在せず、キャラクターやシナリオ、戦闘などゲームを構成する全ての要素がカードで表わされている。 ゲームデザインは河津秋敏。キーイラストを吉田明彦が担当。音楽を担当した伊藤賢治はこの作品を最後にスクウェアを退社した。

対象サイト

ランサーズ
Bizseek
クラウドワークス
シュフティ
Sagoooワークス
Workshift