ノロウイルスの仕事

クラウドソーシングサイトを横断検索してヒットした、ノロウイルスの仕事の一覧です。
クラウドソーシングなら、応募から契約、作業、納品、そして報酬の受け取りまで、すべてネット上で仕事を完結することができます。
やってみたい案件が見つかったら、応募してみましょう。

クラウドソーシングとは?

インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を発注する仕事形態です。
リモートでいつでも仕事を行うことのできるメリットがあり、2013年頃から注目を集めるようになりました。
代表的なサイトに 「ランサーズ」 「クラウドワークス」があります。

ノロウイルスの解説

ノロウイルス (サイエンス)

広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウイルスのひとつ。 概要 以前は、小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれていたが、2003年以降、ノロウイルスと呼ばれるようになった。1968年のアメリカ合衆国のノーウォークでの胃腸炎の流行をきっかけに、1972年に発見された。 日本の感染症発生動向調査によれば、冬季の前半はノロウイルスによる胃腸炎が多く、冬季の後半はロタウイルスによる胃腸炎が多い。ノロウイルスによる集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。 2013年、武田薬品によりノロウイ ...

対象サイト

ランサーズ
クラウドワークス
Bizseek
Sagoooワークス
Workshift